メインイメージ画像

飲食店に転職が決まった!

自身が以前から転職先となる飲食店を探索していましたけれど、ようやくいいのが見つかって面接をしてきました。そのお店は個人でやっている飲食店なのですが、とてもアットホームな感じで店長もすごく気さくです。私が申し込んだのはホールで、注文や料理を運ぶのですが、店長に念を押されたのは大きな声で笑顔で仕事してねということでした。自分でも賑やかなのが好きなため、飲食店はぴったりかなと思っていましたが、お店の空気や店長との会話を聞くと、仕事をするのが待ち遠しくなりました。

ちなみに、昨日採用の電話をもらったので一週間後から働くことになっています。店長を含め私の他にはアルバイトが4人だけみたいなのですけれども、仲良くやれたらいいなと思っています。

自分自身が転職をした私は、転職先を見つける時、会社所在地や給与以外に「経験者優遇」といった言葉で探しました。言葉そのままの意味で経験者に少しだけメリットがあるということですから、それまでの経歴を活かせる良い機会だと思ったのです。

あくまでも優遇というアドバンテージがあるということだけですが、提出書類、面接などでアピールがとてもしやすいのでお勧めです。仕事の内容が全く同じではないにしろ、経験があることは雇う側にとっても教えやすく、即戦力になりやすいということなのでしょう。教育される側の自分にとっても、未経験の人に比べ勤めやすく感じます。これまでの仕事で経験を積んだ方ならば、転職先を探す場合に一回は「経験者優遇」で調べてみることは損にはならないはずです。

更新情報